カテゴリ:小学校( 9 )

PTA室で作業

今日はPTA室で配布物の分類作業。
書記さんもいたので30分ほどで終了。

その後、前役員さんたちと緊急メールのお知らせについて検討。
緊急メールは学校から保護者に連絡するときに使われるもの。
先の地震の時には大いに役立った。
これが年度変わりで保護者も全員新クラスで登録し直さなくてはならない。
そのお知らせである。

さらに、お手伝いに振り分ける人数も検討。
前役員さんと、前役員でもある新役員さんと
旧役員である新役員さんは、勝手知ったる感じで
ああでもないこうでもないと意見を交わしている。
新人役員はやはり話にあまりついていけず
若干のアウェイ感がある。
無理に話して話の腰を折ってもいけないので
今日もおとなしくふむふむと座っていた。

まだ役員とは名ばかりで実態がない感じ。
でもこれから大変になるんだろうな。
[PR]
by hiro-pg | 2011-04-07 16:48 | 小学校

入学式へ参加

小学校の入学式にPTA副会長として出席した。
桜もほどよく咲いて、暖かくてよかった。

ぴかぴかの一年生はとてもかわいくて
誰が「おめでとうございます」と言っても
必ず「ありがとうございます!」と返す。
副校長先生が電報の文面を読み上げたときも
『ご入学おめでとうございます。』の文章に
「ありがとうございます!!!」
と元気よく答えていた。

ぴかぴかの副会長一年生は、いまだに仕事の内容が
いまいちわからないまま。
「副会長」の名前だけがおでこにぺたりとついている感じ。

入学式後、役員はいったん解散して午後またPTA室へ集合。
配布物を印刷してクラスごとに分けた。

家に帰って、先日引き継いだ行事委員・育成委員の資料を読んだ。
学校内のことは委員に任せておけばいいのだけど
小学校として地域のイベントに混ぜてもらうときには
副会長が話を聞いてきて、該当する委員に伝える、という仕事があるようだ。
その作業をいくつか並行してやらなくてはならないらしい。
混乱しないように気をつけなくては。
[PR]
by hiro-pg | 2011-04-06 21:48 | 小学校
新年度が始まった。
新役員の活動開始。

今日の午後は早速、校長先生・副校長先生と今後の打合せ。
PTA側は会長と副会長3人。

打合せ内容は5点ほどあったが
前役員でもあった会長Tさんと副会長Kさんが
午前中に議題をまとめておいてくださったようで
その議題に沿って、打合せはさくさく進んだ。
一時間ほどで打合せは終了。

役員活動についてよく知っているお二人が進めてくださったので
今回も私はふむふむとおとなしく座っているだけだった。
未だに活動内容はあまりよく分からないのだけど、大丈夫かなあ?

校長先生・副校長先生との打合せ後、
PTA室で、新年度のお手伝い人数を検討。
役員や委員でないPTA会員は、「お手伝い」として
PTA活動のお手伝いをしていただくのだが
どのお手伝いに何人必要かをチェックした。

最後に、昨年度の行事委員と育成委員、震災活動の資料を受け取った。
これを読めば今年何をすればいいかがわかってきそうだ。
次の役員のお仕事は入学式への参加である。
[PR]
by hiro-pg | 2011-04-05 00:18 | 小学校
今年は小学校創立60周年に当たるらしい。
今日はその記念事業委員会の幹事会に出席。

幹事会の方々は、この小学校の卒業生の方や元校長先生、
今の校長先生と副校長先生、そしてPTA役員。
PTA役員は、かなり下っ端若造なので、
おとなしくふむふむとお話を聞いて座っていた。

60周年は前回の50周年に比べるとキリがいまいちなので
少し縮小されるようだ。
それでも10年に一度の盛大な催しで、
新校舎になって初めての周年行事でもある。
大変な年に副会長になってしまったなあ。

記念事業の内容としては、
記念誌づくりや、式典の開催が主なものらしい。
PTAとしては、協賛を募ったりPTA主体のパンフを作成したりするようだ。

新学期から忙しくなりそう。
覚悟しておかねば。
[PR]
by hiro-pg | 2011-03-30 23:06 | 小学校

PTA役員全体引継ぎ

現PTA役員と新役員の顔合わせ&引継ぎ。
新役員が新年度に担当する委員や係などを全員で確認。
軽く自己紹介をして、副校長先生が来てくれるのを待つ。

副校長先生が来年度の年間予定を持ってきてくださるはずなのだが
なかなかいらっしゃらない。
現役員の一人が呼びに行ったら、なんと、「忘れていた」とのこと。

とりあえず副校長先生に来ていただいて、年間予定を確認。

次回新役員が集まるのは4月の入学式。
で、解散。

私が担当する行事委員や震災活動やPTAグッズについては
まだよくわからないまま。
4月に始動してからそのつど前任者に聞いていくことになりそうだ。
前回の副会長引継ぎで、深く考えず震災活動担当になったが、
一週間前(3月11日)の大地震を考えると、かなり責任重大だ。
学校に備蓄がどのくらいあるかなどもチェックしなければならないらしい。
心が折れないようにがんばろう。
[PR]
by hiro-pg | 2011-03-17 14:16 | 小学校

副会長の引継ぎ

今年度の副会長さんたち3人と引継ぎのミーティング。
新年度の副会長も3人。
でも、一人は今年度の副会長さんで新年度も続けてくださる方、
もう一人は前年度PTAの書記をやっていた方。
完全に役員初心者はわたしだけ。

完全初心者の開き直りもあって
分からないところはなるべく聞くようにした。

3人の副会長で、委員会3つ、校外活動3つ、その他の業務3つを
各項目1つずつ担当する。
今年度の副会長さんからは
「人間関係をスムーズに運ぶのがポイント」
というアドバイスが。
この人見知りの一匹狼に役目が務まるだろうか???

話し合いの結果、私は行事委員会と震災活動とPTAグッズの担当になった。
行事は土日に出ることも多いらしい。
最近始めた在宅バイトとの兼ね合いがちょっと心配。
[PR]
by hiro-pg | 2011-03-09 22:01 | 小学校

副会長になった

ykの小学校で、来年度のPTA副会長をすることになった。
といっても、まだ何をやるのやらさっぱりわからない。
今日は来年度役員が運営委員会で顔見せ。
会長に、副会長3人、書記2人と会計2人。
名前を呼ばれて、ぺこっとごあいさつ。

今日の現副会長さんの様子を見ていると、結構大変そう。
しかし実感はまだない。
来月の引継ぎでだんだんわかってくるのかな。
[PR]
by hiro-pg | 2011-02-22 12:34 | 小学校

平日の運動会

cakの小学校の運動会は土曜日の予定だったのだが
雨だったので延期になった。
土曜日は授業をしてお弁当を食べて下校。
翌日の日曜日はお休み。
月曜日は、土曜日の振り替え休日。
そして、運動会は今日の火曜日に。

今日は、ykの遠足も重なっていて、スケジュール調整が大変だった。
ykの集合時間が、cakの出番の時間にかなり近いのだ。

ykを後から遅刻で連れて行こうかと思ったが
ykは遅刻はいやだというので
とりあえず早めに集合場所に行って、
たまたま早く来ていたお友達のママにykを頼んだ。
私はそのまま小学校へ直行。
cakの出番の「じょんがら」にはぎりぎりで間に合った。

ykのお迎えの時間は午後1時。
運動会の午後の部が始まるのが午後1時。
どうするのよ~!
午後一の応援合戦を見るのはあきらめて、ykのお迎えへ。
その後、また運動会に戻る。
cakの「かけっこ」には間に合った。
プログラムだけでは、出番の時間がはっきりしないので
演目に間に合うかどうかは、賭けである。

小学校と交通公園を行ったりきたりで、くたくた。
cakの赤組が優勝したのが唯一の救いだ。

来年は、土曜日が雨だったら日曜日に延期してほしいなあ・・・。
まあ、そのころにはもうykも小学生なんだけど。

振り替え休日を先に済ませているので、明日は通常授業。
やれやれ。
[PR]
by hiro-pg | 2006-05-30 20:25 | 小学校

三学期のめあて

保護者会のときに、着いてから始まるまで時間があったので
教室の掲示物を見てまわった。

4月に描いた自画像と2月に描いた自画像。
みんな上達しているなあ。
cakがいちばんうまいけど(親ばか)。

二年生でがんばったこと。
絵日記風に上半分が絵、下半分が文章。
cakは「ピアノが上手に弾けたこと」。
学校とはあまり関係ないよね・・・

三学期のめあて。
三学期の初めに書いたらしい。
べんきょうをがんばる
ピアノをがんばる
とcakは書いている。
他の子は、と見ると、べんきょうをがんばる、の他に
なわとびの二十とびをがんばる、とある。

二十とび?二重とびだよねえ。
同じように、二十とび、と書いている子が何人もいる。

この間違いを先生は指摘しなかったのだろうか?

重、という字をまだ習っていないのかもしれないが、
それでも、十じゃないんだよ、ぐらいのことは言えるはずだ。

国語の時間じゃないから、というのは理由にならない。
国語の時間だけ正しい漢字が書けたって、
普段使えなかったら意味がないのだ。

そういえばこの間、授業参観で国語の授業があったとき、
先生は保護者の目の前で、漢字の読みを間違えて教えていた。
保護者のほとんどが、その間違いに気づいていたと思う。
でもその場で、あえて誰も間違いを指摘しなかったのは
先生の威厳を保つための、せめてもの情けであったのだろうと思う。

先生も国語が苦手なんだな、きっと。
何年かして、二十とび、の子どもたちが

-あれ~、こんな間違いしてたんだ。子どもだったよねえ、まったく。

と笑い飛ばせるようになっているといいのだが。
[PR]
by hiro-pg | 2006-03-08 12:19 | 小学校