おきらくごくらく。


by hiro-pg

シルバークレイの体験

ママ友達のお誘いで、シルバークレイの体験へ。

代々木上原にある紅茶専門店の喫茶スペースで
先生を招いての体験講習会。
女性の先生一人、生徒は5人。
ちょっと早めについたのだけど
すでにテーブルの上には道具がセッティングされていた。

先生の説明を聞いて、作業開始。
一人5gのシルバークレイで、ハートのペンダントトップを作る。

袋を開けて粘土を出す。
練る。
大まかな形をつくる(ハート型)。
ストーンをつける位置に印をつける。
ストーンを埋め込む。
表面をピンセットでつまんで凹凸をつくる。
金具を差し込む。

シルバークレイはすぐに乾いて硬くなるので
すばやく作業をする。
ここまでできたら、30分ホットプレートに乗せて乾燥。

乾燥を待つ間にティータイム。
お店の方が準備してくれて
香りのいい紅茶と、ケーキをいただいた。

乾いたら、ウェットティッシュで表面のとがりを少しなめらかに。
形が整ったら先生が持参した電気釜で数分焼成。

白く焼きあがった表面を、ステンレスブラシでごしごし。
おっ、表面が銀色に!!
さらにステンレススティックでこするとさらにつやつやに。
お好みの光り具合になったらできあがり。
ストーンのきらきらとあいまって、いい感じ。

焼成後は、粘土のときには感じなかった
銀ならではの重みがでて、とてもいい。

形はハートと言うよりV字だ・・・
まあいいか。
f0076057_9355142.jpg

f0076057_12504823.jpg


今回は先生が持ってきてくださった4色のストーンから、
私はラベンダー色を選択。

初めてのシルバークレイはなかなか楽しかった。
小さいものなら家のコンロでも作れるらしいので、今度やってみよう!
[PR]
by hiro-pg | 2009-02-04 23:59 | 作る

フェルトでカルガモ親子

先日、ykが幼稚園の頃のママ仲間と久しぶりにランチをした。
その中で羊毛フェルトの話題が出て、帰りに数人でユザワヤへ。

ユザワヤには羊毛フェルトのコーナーがあって、
フェルティングニードルやフェルトボールを作る小道具など
いろいろ並んでいた。

超初心者の私たち、とりあえずキットを買って作ってみることに。
お友達はクマとミツバチ。
私はカルガモ親子。

そして・・・できあがり。
cakが勉強をほったらかして寝てしまったテーブルの上にたたずむカルガモ親子。
f0076057_23191265.jpg


キットや本もたくさん出ているようで、流行ってるんだなあ、と思っていたら
アメリカで妹が羊毛フェルトのハリネズミを作ってました。

地味~な作業は私向き。
また何か作ってみよう!
[PR]
by hiro-pg | 2008-12-02 23:27 | 作る

ショール&ワンピース

f0076057_901414.jpg

友人の結婚式が近づいたが
なかなか気に入った服が見つからない。
探すより作ってしまえ!
ということで、ショールとワンピースを作成。

ショールは所要日数3日。
三角形の大判ショール。
初めてパイナップル編みをした。
本を見て編んだのだが
糸が細かったのか編み方がきつかったのか(両方か?)
小さめになってしまったので、もう一模様増やした。
私には珍しくラメ糸入りにしたので、ちょっぴりゴージャス。
軽い糸なので、大きめでも重くなくてよい。

ワンピースは所要日数4日。
一日目 型紙作り
二日目 布裁断と端ミシン・芯地貼りなどの下ごしらえ
三日目・四日目 ひたすら縫う!
式の前日に出来上がり。
ちゃんと裏地もついている(本に書いてあった通りに作ったから!)。
表布はポリエステル地で、よく見るとバラの模様がついている。
サイズが心配されたが、着てみるとちょうどいい。
もう少し柔らかい生地だったらもっとよかったなあ。

ワンピースの細かい(仕立てのあやしい)部分はショールで隠れる。
遠めで見れば普通のドレスに見えるので、まあまあだろう。

結婚式に間に合ったので着ていきました。
概ね好評でした。

ショール作りを手伝って(邪魔して??)くれたちび太。
f0076057_911499.jpg

[PR]
by hiro-pg | 2008-09-16 09:04 | 作る

モチーフのひざ掛け

f0076057_10572316.jpg


毎日寒い寒い寒い・・・。
そこで、モチーフ編みでひざ掛けを作った。
モチーフ編みとは、同じ形のモチーフをいくつも編みつなげていくもの。
モチーフの編み方は本を参考にした。

アルパカの毛糸で編んだので、柔らかくてあたたかい。
ベルト部分にボタンをつけたので
エプロンのように腰に巻いたまま移動できる。
冬は重宝しそう。
[PR]
by hiro-pg | 2008-02-02 10:57 | 作る
f0076057_1103378.jpg

f0076057_1103399.jpg


昨年末に編みあがっていたのだけど仕上げをしていなかったキャップ。
今日、マフラーの仕上げのついでに仕上げアイロン。

ベースのグレーはアルパカペルー並太。
編みこんである紺と赤と白は、うちにあったありあわせの毛糸。
紺は太すぎ、赤は細すぎで太さがまちまちなのだけど
出来上がるとあまり気にならない。

グレー×紺、紺×赤、グレー×白のロープが貼りついているように見える部分が
キヒノビッツ。
簡単に言えば「変わり裏編み」といったところでしょうか。
北欧の編み方なのだそうです。

色を編みこむのは、編みあがると達成感があっていいけど
編んでいる間は、二色の毛糸がねじれてしまってやりにくいです・・・

キャップの口部分のゴム編みは縄編みを入れています。
サイズは若干小さめ。
子どもがかぶると結構かわいいです。
[PR]
by hiro-pg | 2008-01-18 11:00 | 作る

ツイードのマフラー

f0076057_10451964.jpg


謹賀新年。
年が明けて、もう中旬。
ずっとブログをほったらかしてました。

年明けから編み始めたツイードのマフラーが出来上がり。
毛糸はピュアアルパカ(ニッケビクター毛糸)。
割と細めの糸で、5号編み針を使用。

デザインを考えながら、何度も編んではほどきを繰り返して
結局3目ゴム編みになりました。

幅25センチ、長さ約160センチ。
アルパカなので仕上がりはくったりしていていい感じ。

本当は今日、ytkが外回りに行くのに間に合わせようと思って
朝から仕上げアイロンをして何とかできあがったのに、
出掛けに宅配便などが来たりしてばたばたして
持たせるのを忘れました。
あわてて追いかけたけど、バスは出た後でした。
ざんねん~!
[PR]
by hiro-pg | 2008-01-18 10:45 | 作る

英作文のおべんきょう

英語のおべんきょうを始めた。
始めたのは初めてではないので、再再再再開くらいだろうか。

今回はもっとも苦手な「英作文」のマスターを目指す。

基本的に英語は好きだけど、それほど得意でもない。
リーディングは、いくつかわかる単語を拾い読みして「まあ、こんな意味かな」と推測する。
リスニングも同様。
スピーキングは思い切りが足りず、ほぼ不可能。
「わかるけど話せない」というやつだ。

「英作文」は中学生の頃からもっとも苦手。
その要因の一つは「答えが一つじゃない」ということ。
自分が書いた英語が、合っているかどうかわからないのだ!

解答例を見ると、自分のと微妙に違ったりする。
でも自分のが間違いだとも言い切れない。
似た意味の言葉の使い分けとか
a と the と 複数形の使い分けとか
「何でここはこういう使い方なの?」という疑問がふくらむばかりでしぼむことがない。
そのまま現在に至る。
で、英作文は苦手である。

でもいい加減マスターしなくては!
ということでいろいろ探したら、ネットで英作文を添削してくれるサイトを発見。
文章は内容や長さやレベルなどを選択できて、
自分の書いた英語に基づいて添削してくれる。
既成の解答例を示して終わり、ではないところがとてもいい。

すでに2件ほど提出して添削が返ってきた。
「この書き方ではインパクトが薄いですよ」
「この書き方ではまわりくどいですよ」
「この語はここでは不要です」
など、改善案を示しながら解説してくれる。
なんと親切な。

先生はネイティブと日本人を選べるのだが
自らの鍛錬のためネイティブを希望。
当然解説も英語。
でもがんばるのだ。

まだ日常的な内容の文章で練習中。
いずれビジネス英語に使えるようにするのが目標。
でも当面の目標は、「継続すること」である。
[PR]
by hiro-pg | 2007-07-19 12:22 | つれづれ

カルトナージュ

f0076057_17204114.jpg

小学校PTAの保護者向けイベントで、カルトナージュ教室があった。
学校の行事はほとんど参加したことがないのだが
めずらしくお誘いをうけたので、行ってみた。

カルトナージュは「フランス生まれの手芸」だそうで
箱などの表面に布を貼っていくもの。
今回はミニバスケットを作った。

学校の行事委員が主催なので
布や厚紙はすべてセットされていて
受講者は作るだけ。
初心者にはありがたい。
布の模様や中布の色は組合せが様々。
私はアジアンな感じの布を選んだのだけど
縦縞模様は少々ハイレベルだったらしい。
初心者にはランダムな模様がよかったらしいが
そんなことも知らないほど初心者だったのだー!
でも出来はまあまあ。
持ち手は革だし、意外にも立派なものができて満足。

帰りに柄違いのキットをもらったので
作り方を忘れないうちに再チャレンジだ!

普段、手芸ものは本をみながらの完全独学で
まさに自己満足の日々なんだけど
たまには人に教えてもらったり、まわりと作品を褒めあったりするのも
結構いいものだ。
学校の行事も出てみるものだなあ。
[PR]
by hiro-pg | 2007-07-12 17:20 | 作る
f0076057_16532298.jpg

幼稚園の秋祭りのために作ったポーチ。
クロスステッチの図案はフリーソフトで作成。
売れるといいな~。
といっても、子どもたちのおもちゃのお金ですが。
[PR]
by hiro-pg | 2006-10-28 16:53 | 作る
f0076057_16522630.jpg

緑びかりするかっこよさを表現したかったのだけど、結果は今一つ。
色選びが悪かったのかなあ。
改良版の図案も作ったけど、作り直す気力はなく
このまま幼稚園の秋祭りのおもちゃへ。
まあいいか~。
[PR]
by hiro-pg | 2006-10-28 16:52 | 作る